セルフクック

今のフランチャイズ店の業態の中にセルフクック業態というフランチャイズの形態があります。セルフクック業態?なんて聞いたことがない言葉かもしれません。このセルフクックフランチャイズとは、読んで字の如くです。セルフでクックするという業態です。つまり、お客さんが自分で自ら食材を調理するというものです。

 

普通フランチャイズ契約をすると、フランチャイズ契約をしたオーナーさんがそのお店の味を引き継ぐために数ヶ月間の研修をしたりして、調理法法を覚えたりします。しかしこのセルフクックの場合お客さんが自ら調理をすることになるので、大げさに言えば調理人、コックさんが必要ないのです。従って人件費も削減できるのです。つまりオーナーさんがいなくてもお店が周るのです。お客さんが自分で調理をするので、お客さんに食材を運ぶ人さえ入ればお店をオープンすることができるのです。飲食業界が始めての人でも始めることができるのが、このセルフクックフランチャイズです。飲食店で働いた経験がないからいきなりフランチャイズ契約をして、お店のオーナーになるなんて絶対にできないと思っている人も多くいたかもしれません。
 

 

しかしこのセルフクックであれば飲食店で働いた経験がなくても、未経験でも簡単に開業することができるので、安心ですね。またどのくらいお客さんが入るか分からないオープンしたての時には、なかなかアルバイトのスタッフなどを雇うことは難しいですよね。しかしセルフクックであればまずは自分一人からオープンできるので、気軽に始めることができるのです。