新しいフランチャイズ

今のフランチャイズ店には色々なスタイルがあります。今までは店舗の名前を貸してあげる代わりに、加盟料やロイヤリティーを支払うというものが多かったのですが、そういう形態は段々なくなってきました。今のフランチャイズ店は色々なスタイルが増えてきました。店舗の名前である商号のライセンス料や加盟金が無料なだけでなく、フランチャイズとしてオープンするための必要な技術などの開業指導を無料で教えてくれるというものです。しかし、その代わりに月々決められた費用をフランチャイズ本部に支払うというものです。

 

また、既に現在飲食店を経営している人で、売り上げが伸びない、または、ラーメン店などの場合において自分でのスープを作ることが難しくなったという経営者は、既に自分の飲食店があるので、フランチャイズ契約をして他のお店の名前で新たに開業するのは嫌だという人も沢山いることだと思います。そういう経営者に新しいスタイルのフランチャイズがあるのです。つまりノーブランドのフランチャイズ契約です。お店の名前は自分が今まで使っているお店の名前を使い、食材などをフランチャイズ本部から提供してもらうという新しいフランチャイズ契約なのです。

 

競合他社が多くなかなかお客さんが来ないなどといった経営者にとっては有り難いフランチャイズ契約ですね。今まで築いてきた自分のブランドを壊す事はなく、中身だけ新しいお店でスタートすることができるのです。自分のお店ブランドで勝負したいというひとは是非この新しいフランチャイズ契約をみてみては?