ランニングコストを抑えて

フランチャイズ契約のお店と聞くと、店舗を構えてそこで飲食店なりコンビニエンスストアなりお店を経営していくというスタイルを思い浮かべることだと思います。しかし今のフランチャイズ契約をしているお店には店舗を構えないお店もあるのです。店舗を構えないお店?って変な感じがしますよね。どのお店も店舗を構えているのに、店舗のないお店ってどういうものなのでしょうか。

 

 

みなさんも良く見かけたことがあるかもしれませんが、コーヒーショップや焼き鳥屋さんが軽トラックで移動しているのを見たことないでしょうか。移動式の軽トラックの場合テナント料を必要もありませんし、沢山の機材を買い揃える必要もないので設備投資に多額の費用をかける必要がないので、初期費用を抑えてフランチャイズ店としてオープンすることができるのです。

 

しかも、一番お金が係るといわれている人件費についても、普通のフランチャイズ店のように沢山のスタッフを揃える必要もなく、一人で始めることが出来るので、この形態のフランチャイズ店は人気なのです。また固定のお店の場合の売上げは立地条件によって大きく左右されますが、この移動式の場合は立地条件を気にする必要がなく、大型スーパーの横に設置させてもらったりすることで、売り上げを上げることも可能なのです。高い家賃がなく、軽トラック一つで始めることができる新しい形のフランチャイズなのです。ランニングコストを抑えていて初期費用も低いので若い人にも人気のフランチャイズ店なのです。
http://shinjuku-soramachi.com/