自分の努力

フランチャイズという言葉を良く聞くようになりました。FC契約などと書かれることもありますが、一体このフランチャイズというのは何なのでしょうか。なんとなく理解しているかもしれませんが、きちんとどういうものがフランチャイズなのか知らなかったりしますよね。フランチャイズとはビジネスモデルの一つの形態なのです。フランチャイズ本部が事業を展開していくために、加盟店と契約をするのです。そしてある地域で独占的な販売権を与えていこうという事業展開なのです。
 

 

元々はアメリカで発展したスタイルですが、今では日本でも多くのフランチャイズ契約があります。フランチャイズ契約をした後は事業本部と加盟店両方に権利と義務が発生します。事業店は加盟店をサポートしなければいけません。そのサポートは店舗それ自体を提供したり必要な器具など全て提供するというものです。そしてその見返りにロイヤリティや加盟金などを支払わなければいけないのです。その支払う金額は毎月決まっていることがほとんどですので、自分のお店が儲かれば儲かるほど自分の利益となります。逆に毎月支払わなければいけない金額より少ない利益だと損をだしてしまいます。

 

自分の器量が試されるのがフランチャイズなのです。頑張れば頑張るほど利益を出すことが出来るので、今では若い人もフランチャイズ契約をしてお店を出している人が多くいます。是非興味があればフランチャイズ契約をしてみてはいかがでしょうか。大変かもしれませんが自分の努力次第で儲かるお店にすることができますよ。

簡単に実現

フランチャイズというビジネスモデルがアメリカで発展し、日本にも浸透してきました。そのフランチャイズですが、低リスクで資本金も少なくはじめることが出来るユニットフランチャイズシステムという形態が今のフランチャイズのお店に多いのです。ユニットフランチャイズという聞きなれない言葉かもしれませんが、私達が良く街で目にするお弁当やさんなども、このユニットフランチャイズのスタイルをとっているところが多くあるのです。このユニットフランチャイズというのは、お店の建物やお店に必要な設備を全てフランチャイズの本部が用意するものなのです。

 

それをそのままフランチャイズ契約したオーナーさんに貸すという仕組みになっているのです。そのため、設備投資などにかかる最初の初期費用を抑えることができるので、少ない開業資金でスタートすることが出来るのです。建物とか設備はフランチャイズ本部から貸し出されているため、将来にわたってお店を買い取るという必要もないのです。

 

今のフランチャイズ店の多くがこのユニットフランチャイズなのです。今までだと名前を貸してくれるけれども、設備や建物などは自分で用意しなければならなかったりして、最初にかかる初期費用が何千万という金額だったりしましたが、このユニットフランチャイズ契約だと200万円ほどから始めることが出来るのです。ユニットフランチャイズ契約であなたもお店のオーナーになることも簡単に実現できるようになるかもしれないのです。是非やってみては?
フランチャイズへの加盟を検討しているのであれば、中野で宴会利用者が多いこちらの居酒屋を参考にしてみるのもいいかもしれません。

更新履歴